容積重視の輸送に最適。日本全国へ早い・安心の中部急送にお任せください!岐阜・静岡・茨城・埼玉・三重・福島に営業所あります。

中部急送株式会社

中部急送株式会社

中部急送株式会社へのお問い合わせ:058-326-6611/お問い合わせフォーム(翌営業日迄にお返事します)

HOME  › お知らせ › なんでも、つぶやき(^0^) › 虹の架け橋

お知らせ

虹の架け橋

お疲れ様です。

少し前に虹が出ていました。

 

IMG_6385

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6387001

 

 

 

 

冬の荒れた天候のなかでみつけました。

 

今日は勤務最終日でした。

掃除をし片づけを行い、会議を行いました。

 

IMG_6390

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本年の振り返りを行いました。

 

今年を思い返すと新型コロナに振り回された1年であったと思います。

外出自粛、感染防止対策、輸送量の偏り。

外出を控えることができないエッセンシャルワーカー

(社会で必要不可欠な労働者)であるわれわれは、

外出自粛する状態でどうやって仕事をするのかと思いました。

感染防止対策は物資の不足や方法が確定していないことから

恐怖しもどかしさを感じました。

工場の稼働が減ったことによる輸送量の減少と

他業者が抜けたことによる穴埋めのための輸送量の増加は

運転手内勤者共に業務増加の要因となったと思います。

日々流れるニュースに恐れおののき、怒り、希望を無くしたりもしました。

何とかもがき、祈り、ただやれることをやり続けてこの1年が過ぎた気がします。

私自身生き延びており、会社も存続しています。

「よかった、何とかなった」というのが正直な気持ちです。

 

新型コロナはまだ、終息の気配を感じさせません。

国が対策を順次打ち出し、自治体と企業が実際に行動し

国民の生活と行動が変わっていっています。緊張を解くことはできません。

何とか、焦らず欲張らず気を付けて生活していくことが

ウイルスによる感染を封じ込め、ウイルスの活動と拡散を封じ込めることになると思います。

輸送業という仕事上、感染の危険にはさらされがちだとは思います。

輸送業という仕事は、社会で不可欠なものでもあります。

コロナ禍を乗り切り、今よりも安定した生活を迎えるためにも

注意深く実直にやっていきたいと、振り返りのなか思いました。

 

今年も一年間お世話になり、ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

        本社  翠